ご挨拶

当社は、昭和17年6月に北越水力電気株式会社より化学工業部門を継承し、その後、北越電化工業株式会社として創立され、以来カーバイト、電気銑、合金鉄を製造してまいりましたが、昭和34年10月より逐次鉄鋼部門の比重を増し、昭和39年11月に東邦製鋼株式会社、株式会社新潟製鋼所を合併、社名を北越メタル株式会社と改称いたしました。

合併後は、棒鋼・線材・形鋼を三本柱とした製品の一貫した生産体制を確立、その品質の優秀性は皆さまから幅広いご信頼をいただいており、経営もおかげさまで順調に安定、拡大いたしております。

また当社では新技術を駆使して、新たな製品開発に積極的に取り組んでおり、近代化と高付加価値を追求してきた結果、超高層ビル建築用高強度鉄筋(UHY)ならびにグレーチング用形鋼、さらに平成17年には開先付き異形棒鋼J-BARの開発にも成功し、販売を行なっております。

平成24年に創立70周年を迎えた当社は、以前にも増して特殊棒鋼・形鋼ならびに鉄鋼二次加工分野の開拓、拡大を図りながら、東証2部上場企業として評価に値する企業基盤の確立を進めております。また、日本鉄鋼産業の一員として、「鉄にいのち ひとに未来」をモットーに、鉄のリサイクルを通して限りある地球資源を有効に利用することにより、微力ながら地域社会の発展に貢献したいと考えております。

何卒一層のご支援ご愛顧をお願い申し上げます。